メニュー

短い答えは常にです。 ピアノは、あなたがそれらを再生し始めるとすぐに曲の外に出て、あなたが毎日練習している場合、それは定期的なメンテナンスが必要になります。 私はほぼ毎日私のコンサートグランドをタッチアップし、私は私が行くに関係なく、私のチューニングツールを持ち歩く。 私の父モートン*エストリンは、常にテイクの間にピアノを触れる彼のレコーディングセッションでピアノのチューナーを持 あなたのピアノを調整することができますどのくらいに本当に終わりはありません–ピアノは定期的なメンテ

しかし、現実的にしましょう、ほとんどの人は毎日自分のピアノを調整することができないでしょう。 あなたはピアノをタッチアップするチューニングハンマーとカップルのウェッジを購入することができますが、チューニングは、一般的に専門家に残し 良いニュースは、ほとんどの人が毎日、あるいは毎週ピアノを調整する必要がないことです。

ピアノ調律師の中には”out of tune pianoを調律することはできません”という古い言葉があり、奇妙に聞こえるように、それには真実があります! ピアノは非常に長い時間で調整されていない場合、それは曲に戻ってそれを得るためにはるかに困難になることができます。 たとえば、ピアノがピッチに落ちた場合、ピアノの異なるセクションを調整すると、以前に調整されたセクションが外に出ます。 だから、一般的なルールは、できるだけ多くの曲であなたのピアノを維持する必要があるということです。 あなたが頻繁に十分なあなたのピアノを調整する場合は、先に曲線の得ることができ、楽器のチューニングは非常に安定したものになります。 だから、チューニングを先送りすることによって保存することはありません。

どれだけピアノを調律すればいいのかは、どれだけ演奏するかによって決まります。 あなたが時折演奏する場合は、季節の天候の変化(熱に戻ってエアコンと空気の状態への熱)のために、少なくとも年に二回あなたのピアノのチューニング あなたはもう少し再生する場合は、少なくとも4ピアノのチューニング年を取得したい場合があります。 大いに練習すればあなたのピアノを少なくとも毎月調整されて得たいと思う。 ピアノを演奏または録音に使用する場合は、演奏または録音セッションごとに調整する必要があります。

心に留めておいて、ピアノを調律することは、例えばギターのような他の楽器を調律することと同じではありません。 確かに、誰もがそれを自分で行う能力を持っていますが、それは本当により良い専門家に残された仕事です。 私はピアノの周りに私の全体の人生をされていると私は常に私のピアノのタッチアップワークを実行している間、偉大なチューナーは、より長く保持するた ピアノのチューニングは本当に高度に開発されたスキルであり、より良い技術者は、より良いあなたの楽器が鳴ります雇う。

私に参加してくれてありがとう、[email protected] (949)244-3729

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。